手足口病で保育園に行けない!3日以上療養が必要な病気のとき「休めないワーママ」はどうする?

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

小さな子どもを育てながら働くワーママにとって、厳しい夏がやってきました。ズバリ、感染症が流行る季節だからです!

今年も“手足口病”や“ヘルパンギーナ”、“プール熱”など、病気の名前を耳にするようになってきましたね。那覇市など、地域によっては警報も出ているようです。

今回は、「手足口病になったらどのくらい保育園をお休みするのか?」と、「もし保育園が閉鎖になったときのお役立ち情報」をお伝えします。

進藤ゆきこPF

 

手足口病が回復する目安は?

保育園では厚生労働省の「保育所における感染症対策ガイドライン」に従い、手足口病は医師の診断を受け“登園許可”が必要な病気と定めているところが多いようです。

手足口病の潜伏期間は3~6日とされており、主な感染経路は経口感染や飛沫感染です。咳や鼻水から1~2週間、便からは数週間~数ヵ月もウイルスが排出され続けます。

手足口病の原因となるウイルスは感染力も強く、症状が出る前から感染します。

気になる登園のめやすは、元気で保育園での生活に支障なく、いつもの給食が食べられれば登園できるでしょう。口の中にたくさん口内炎があると痛くて食事がとれません。

保育園でみんなが給食を食べているときに、痛くて食べられないと子どもも辛いですよね。そんなときは、おうちでゆっくり食べやすいものを食べた方が、体力も早く回復します。

手足口病にかかったら、「いつもと同じ食欲があるか?」「食べるのに痛がったり、時間がかかっていないか?」と食事の様子をチェックするのが大切です。

ウンチをしたら手洗いをしっかりと行いましょう。ママやパパも、赤ちゃんや子どものオムツ替えのあとは、念入りに手洗いをしましょう。

 

LINEで送る