名前にバツを付けられた子はどうなる?大人の都合で「子どもの成長の芽を潰すNG先生」に注意!

Pretty teacher helping pupil in classroom at the elementary school
source:https://pixta.jp/

わが子が生まれ名前を付けるとき「こんな人間になってほしい」の願いで命名します。

例えば“幸せになってほしい”と心を込めて付けた“鈴木幸子”。

もし、“すず木さち子”だと何だかイメージが違いませんか?

そこで今日は、『1人でできる子になる テキトー母さん流子育てのコツ』の著者の立石美津子が“大事な子どもの名前と成長の芽を潰すNG先生”についてお話します。

 

■名前にバツを付けられた子ども

“鈴木幸子”という名前の子がいました。幸せな人生を歩んでほしいと夫婦で練りに練って考えた名前です。

この子は両親が幼児期から漢字を教えていて小学校1年生のとき自分の名前を漢字で“鈴木幸子”と正しく書くことができました。

ところが持ち帰ったプリントを見るとなぜか名前欄に赤ペンで大きな×(バツ)が付けられていました。子どもの名前に×を付けられてショックを受けたママは学校に抗議に行きました。

すると担任からこのような答が返ってきました。

「まだ、学校では、まだ漢字は教えていません。それにお宅のお子さんは読めるからいいかもしれませんが、クラスのお友達は“鈴木幸子”の漢字は読めません。落し物をした時、戻って来なくなっても知りませんよ」と……。

確かに小学校1年生の1学期はまだ国語で漢字は教えません。でも、間違いではないのに「教えてないから」だけの理由で×をつけるのは子どもの意欲をそぐ対応ではないでしょうか?なんだか先生の都合、屁理屈にも聞こえてきます。

実際はお友達の名前が漢字で表記してあることで、自分の名前以外の漢字も読めるようになります。幼稚園で下駄箱の名前を漢字で書いておくと皆、クラス全員の子の名前を読み分けるようになります。また、ひらがなしか読めない子に対しても、振り仮名を付けておけば済むことですよね。

 

LINEで送る