18年のベテラン保育士に聞いた!「子どもが泣いたらこれを実践しよう」目からウロコの神対応。

Portrait of happy beautiful mother plying balloon her baby summer outdoors in park.

どんなに泣く子もグズグズする子もそのシッターさんが預かると魔法のようにピタッとおさまってニコニコになってしまう!?

そんなシッターさんとは、筆者が働くオーガニックリラクゼーションサロン『pace(パーチェ)』に常駐するベテランシッター平林いづみさん。キッズルームを併設している筆者のサロンでは毎週“マミー&キッズDAY”があり、保育士資格をもつシッターが常駐してお客様の大切なお子さんをお預かりしています。

平林さんは、18年の育児と保育士シッター歴12年のまさにベテランです。

今日は、筆者が平林さんにどんなことを意識して子どもと一緒にいるのか? ずっと気になっていたことを本人に聞いて“子どもとの向き合い方のコツ”を教えてもらいましたのでお伝えしたいと思います。

 

■Q:「子どもが突然泣き出した時はどうするの?」

1歳までの赤ちゃんに関しては お腹が空いているか、オムツが気持ち悪いか、眠たいかで泣いていることがとても多く感じます。言葉が発せられなくて泣くことでしか表現が出来ない赤ちゃん達ですが、 泣き方が下記の3種類で微妙に違いますのでよく観察すると良いでしょう。

(1)眠たい場合

泣き方以外では、身体がとても、温かくなるので身体を触って温度確認する。あくびやお気に入りのハンカチ、タオルをしゃぶり始めますから 「眠いねー」と言いながら、抱っこやバウンサーに誘うように心がけましょう。

 

(2)お腹が空いている時

特に母乳で過ごしているお子さん達は、 おもちゃなどを しゃぶる回数が増えてきますのでよく観察を。

 

(3)オムツが気持ち悪い時

オムツを変えるタイミングは、おむつの上から触って確認します。 またアトピーや肌が弱い子ですとオムツの種類によっては気持ち悪くて泣き出します。

夏は暑さもありますのでかぶれていたり、湿疹などでかゆみが出ていて泣く子も多いので様子を見てあげて下さいね。 湿疹の場合は清潔なタオルで拭いた後、冷やしたタオルを身体のリンパに充てると良いですよ。

 

LINEで送る