「どうして名前を書かなきゃいけないの?」子どもだって“理由がわからない”と行動できない

Adorable little girls during summer tropical vacation
source:https://pixta.jp/

“約束の時刻を守る”“持ち物には名前を書く”など世の中や学校には様々なルールがあります。そして、それをしなくてはならない理由があります。

子どもにこれらの習慣を身に付けさせたいとき、機械的に指示し親がお尻を叩いて声を上げても根拠がわからないと子どもは動きません。

そこで今日は、『1人でできる子になる テキトー母さん流 子育てのすすめ』の著者の立石美津子が子どもに納得させながら行動させる秘訣をお話します。

 

■「名無しの権兵衛」になっちゃう!持ち物には名前を書こう

子どもが幼い頃は自分で持ち物に名前を書くことが難しいです。ですからママがマジックで名前を書いたりシールを貼ったり刺繍したりしますよね。「細かい小さなものにまで名前を付けなくてはならず、はっきり言ってめんどくさい!」なんて思いますよね。

でも、集団生活の幼稚園や保育園、クレヨン、ハサミ、おはじきなどは、みんな同じものを持っているのです。

名前が書いていないと二度と自分のところには戻ってきません。

子どもは自分の所有物に対して執着するもの。自分のおもちゃをお友達に使われていると「返してもらえないのではないか、自分のものを取られた」と不安に思っています。

だから、貸す貸さないで喧嘩に発展することも度々です。そして、持ち物がなくなくなったらかなり“ショック”を受けるものです。この心理をうまく利用し、ママが持ち物に名前を書くとき黙って作業しないで、次のように言いながら書きましょう。

「みんな同じものを持っているので名前が書いていないと誰の物かわからなくなるよね。なくした時、名前が書いていないと戻ってこなくなるよね」と。

こんな親の姿を見て名前を書く習慣が付きます。

小学生で何度、注意しても答案用紙に“名無しの権兵衛”の生徒がいます。名前がないと誰のプリントかわからず、答えが正解でも0点にされてしまうこともあります。幼児期から習慣がなかったからですね。

 

LINEで送る