幼稚園ママは敬語を使わない!? 「保育園ママ&幼稚園ママの違い」と園探しのコツ

https://pixta.jp/

保育園と幼稚園、どちらを選ぶか悩んでいるママも多いと思います。その理由は、幼稚園でも“保育”をしてくれるようになったからではないでしょうか? 

待機児童問題が深刻になり、保育園不足を解消するためにも幼保一体の保育施設を、とのことで朝も夕方も、保育園のように長時間保育をしてくれる幼稚園が増えています。

またいっぽうで、保育園でも積極的に“教育”に取り組んでいる園も多くなりました。

園を選ぶとき、園の特徴だけでなく、保育と幼稚園のママの違いも気になりませんか?

今回は、保育園3年の経験後、幼稚園に入園した年少さんママである筆者が、保育園ママと幼稚園ママの違いについてお伝えします。

 

保育園と幼稚園の違い

保育園は厚生労働省が監督官庁を行い、家庭の事情で子どもを保育を出来ない場合に保育を行う『児童福祉施設』であり、幼稚園は文部科学省が監督官庁を行う、学校教育法に基づいた『教育機関』という違いがあります。

しかし、これは制度上の違いであり、どちらも親や子どものことを考えよりよい環境を目指しているようです。

 

保育園ママと幼稚園ママの特徴は?

(1)仲良くなるまで時間のかかる「保育園ママ」

職業は、フルタイムで働くママが基本です。送り迎えの時間帯で合うママ以外は、保護者会で見かけたことがあるなという程度。

送り迎えも、バタバタとしていることが多く、挨拶を交わす程度で、仲良くなるのは時間がかかることが多いです。

 

(2)ママ同士の接点も多い「幼稚園ママ」

職業は、専業主婦、パートタイム、フリーランスのママが多いです。

送り迎えやバス停などでのママ同士の接点も多く、合言葉は「後ほど~」。そのくらい頻繁に合うので、ママとの交流が早くから行われます。

 

LINEで送る