【ツレが産後ウツになりまして】第5回:アタシにだけなつかない…妻が壊れる<前編>

shutterstock_320688413
source:http://www.shutterstock.com/

3年に及ぶ不妊治療、2度の流産の末にやっと授かった赤ちゃん! 幸せな育児ライフのはずが……。

母乳が出ない(『おっぱいが出ない!沈みゆく妻<後編>』)という一難が去った後、今度は“わが子が妻にあまり懐いていない”という問題が発生したのだ。

自身の不妊治療奮闘記を綴った『俺たち妊活部』の著者・村橋ゴローが見た、最愛の妻が産後ウツになっていく…壮絶な産後育児をお伝えします。

 

■赤ちゃんが「妻にだけ」なつかない

あれは生後3週間ぐらいだっただろうか。“赤ちゃんが妻にだけなつかない”という、悲しい事実に気づいたのは。

ウチの赤ちゃんは、よく泣く子だった。夜泣きといわず、1日中ずっと泣いていた。しかし僕が抱っこすると泣き止み、毎晩の寝かしつけは僕の仕事となっていた。

義父母との息の詰まる共同生活のなか、育児に関してこれといった勲章を手にしていなかった僕にはそれが嬉しく、積極的に泣き止ましに参加した。

それを受け、妻は「アタシも上手くなりたーい」とおどけていたが、いくら抱っこしても泣き止まない日々が続くと、次第に焦りを覚えていった。

これだけでは、妻が単なる“寝かしつけ下手”なだけに映るかもしれない。

しかし泣いた赤ちゃんを妻があやすとただ単に泣き止まないというものではなく、妻が抱っこしていることが原因のように、さらに火が付いたように泣き叫ぶのだった。

これはもう、“妻にだけなつかない”と見るしか他になかった。

 

LINEで送る