【お片づけ先生直伝!#1】「自主的なお片づけを促す」5原則 ~絶対怒らない!~

Photo by Author

小さな子どもが、使い終わったおもちゃを「自主的に片づけるなんてありえない」と思っていませんか?

実は子どもでも、毎日の生活の中で、“節目ごと”にきちんとお片づけをしていたり、おもちゃなど“モノの気持ち”を考える習慣がつきはじめると「自主的なお片づけ」が必ずできるようになります。

それを後押しすることができるのは、お子さんの近くでいつも見守っているママやパパの声かけになります。

ここでは3人の女の子のママであり、お片づけ教育の専門家である筆者が、“お片づけの5原則”をお教えしましょう。

まず1つ目の原則は、「絶対怒らないこと!」です。

 

■なぜ、絶対に怒らないの!?

子どもが片づけないでTVを見ていたり、次々におもちゃを出し、走り回っていたり……そんな光景を見ると、ついイライラして「こら~! そんなことする前に片づけなさい!」と怒ってしまいたくなりますよね。 

そんなときは「ふぅ~」と深呼吸、怒らない!

筆者は、温厚な性格でも、怒ったことがない人間でもありません。むしろ、気が短くせっかちなので、すぐイライラしてしまう性格です。

そんな短気なわたしにもできるのは、理由があるんです。

 

LINEで送る