赤ちゃんは10cmの風呂湯で溺れる…!? 看護師が教える「家の中に潜むキケン」応急措置法と予防策

source:https://pixta.jp/
source:https://pixta.jp/

子どもが過ごす場所は安全であることが第一です。

外の世界には“キケン”がたくさんあります。車や自転車の往来はもちろん、昨今では公園の遊具でも危険なことが起こり得ます。

だからこそ、「お家の中なら安心」と思ってはいませんか……? 実は決してそうではありません。

今日は看護師である筆者が、家の中に潜んでいる“キケン”と、いざという時のための対応法についてお話します。

城所

 

■「大人の思わぬところ」で大事故になる

先日、“ブラインドの紐が首に絡まったことによる、子どもの死亡事故”がありましたよね。

子どもの事故には、「まさか……」と思われるような原因で大きな事故につながるケースがあります。

わずか10cmの風呂の残り湯で溺れてしまう、しまっておいたはずの大人用の内服薬をお菓子と間違えて食べてしまうなど、大人にとっては思いもよらないところにたくさんの“キケン”が潜んでいます。

気道を塞ぐ固形物のみならず、他にも液体の薬品や、タバコ、アルコールなど危険な誤飲はたくさんあります。

また、乳幼児がよくのどに詰まらせやすい食品は丸い飴玉、こんにゃくゼリー、もち、リンゴ、プチトマト、豆……などがあげられます。

 

■もし固形の異物を飲み込んでしまったら?

異物が“のど”に詰まってしまった場合、まず当人は手をのどにあてるようなサインをします。

呼吸の度に“ピーピー”、“ヒューヒュー”と言った異音が聞こえるはずです。咳込んでいる状態であればそのまま咳をさせます。

咳をすることで出てくる場合もありますので、側にいて安心させつつ見守ってください。咳も呼吸も出来ない状態であれば、異物除去を試みます。

 

(1)1才未満の乳児、新生児は背中を押し上げる

source:http://eonet.jp/health/
source:http://eonet.jp/health/

“背部叩打法”といい、イスに座るか、しゃがんだ状態で“腕”を使って下向きに子どもを支え、肩甲骨の間を手の平の下の部分を使って叩きます。

 

LINEで送る