赤ちゃんのプールは注意が必要!“幼児もOK”親子で行けるオススメ「近郊プール」3選

source:https://pixta.jp/
source:https://pixta.jp/

7月に入り、保育園や幼稚園ではプール開きの季節となりました。暑い夏はプールで遊ぶのを楽しみにしている子どもも多いのではないでしょうか。

夏は暑くて室内にこもりがち。おうちでプール遊びができたら、子どもも体を動かすことができますよね。

さらに、親子でプールにお出かけするのも夏の醍醐味です。

今回は、小さな子どものプール開きについて、注意したい点などをお伝えします。

 

■小さな子どもほど要注意!「プールの事前確認」4つ

(1)中耳炎避ける鼻水に要注意!「朝の体調チェック」

必ず、子どもの様子を確認しましょう。発熱、頭痛、下痢だったり、元気がないような時はプール遊びは避けたほうがいいです。

鼻水が出ているときや中耳炎、“目やに”が出るときもプールは避けたほうが安全です。

 

(2)気をつけよう熱中症!「気温に注意」

おうちでプールを置く場所に気をつけましょう。日陰であっても、気温が予想以上に上昇していることがあります。

“熱中症の予防”のためにも、気温に注意しましょう。また、こまめに水分補給をすることも心がけると安心です。

 

(3)午前中がオススメ?「遊ばせる時間」

小さな子どもほど、いつもの生活リズムを崩さないようにしましょう。

お昼ご飯やお昼寝の時間を軸に考えると、プール後もグズりが少ないと思います。

午前中にプール遊びをして、お昼ごはんはしっかりと食べ、そのままたっぷりとお昼寝をすれば、午後はスッキリと過ごせます。

 

(4)「紫外線対策」を念入りに

赤ちゃんほど紫外線対策に注意が必要です。小さな子ども用の可愛らしいラッシュガードや日よけ付きスイムキャップなど、様々な種類が売られています。首筋もガードできるスイムキャップはオススメですよ!

筆者が屋外プールで赤ちゃんを遊ばせていたところ、思った以上に赤ちゃんの皮膚が日焼けで赤くほてってしまい、焦った経験があります。

赤ちゃんの皮膚はとても繊細です。ラッシュガードなどはもちろんのこと、日陰を作る、こまめにベビー用日焼け止めを塗り直すといった対策が大切です。

 

LINEで送る