“手づかみ食べ”でついイライラ!「厳しく叱らない方がイイしつけ、叱りたいしつけ」の違いって?

手づかみ記事3
It Mama

同じくらいの月齢の子どもが外出先のレストランなどで上手にスプーンを使っている姿を見ると、まだ手づかみで食べているわが子についこんな風に言いたくなってしまいます。

「なんでスプーン使わないの?」「お友達はみんなスプーンを使っているのよ、○○ちゃん(くん)もスプーンで食べようね!」

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“厳しく叱らない方がイイしつけ、叱りたいしつけの違い”についてお話します。

 

■どうして“手づかみ食べ”はいけないの?

It Mama

“手食文化”という言葉があります。手を使って食べ物を口に運ぶ食文化です。世界の約44%、25億人が手で食べています。

手食文化の国の中にはこんな考え方があります。食べ物は神から与えられた神聖なもの、だから食器を使わず手で食べます。

食事前に手を綺麗に洗い口もすすぐのがマナーとされています。しかも、お尻を拭く手は左手で“不浄の手”、だから食事は左手で食べるのはご法度で右手で食べます。

もし、このような国で箸のようなもので突いて食べたり、右手で食べたら叱られるかもしれません。

反対に日本は左側が右側より格が上とされていて、白いご飯は左に置きます。お内裏様とお雛様では男性のお内裏様が左に座っています。

日本でもお握りやサンドイッチや寿司は手で掴んで食べても礼儀作法に反してはいません。却って粋なくらいです。寿司職人も手で握りますよね。

ですから「手で食べるのはお行儀が悪い」というのは日本の習慣からきたものであり、手で食べること自体が悪いわけではないのです。

 

■しつけとは“文化を教えること”

concept. funny baby with fork and knife eating, looking at the plate with one pea
source:https://pixta.jp

「郷に入っては郷に従え」という言葉があります。その土地に行ったら風俗や習慣に従うべきだという諺です。

しつけとはそこに住んでいる人達の文化を伝承することです。フォークの背中におかずをのせるのはイギリスではOKですが、フランスでは下品な行為とされます。

また、スープもイギリスでは手前から奥に向かってスプーンを動かしますが、フランスでは向こう側から持ってきます。

それぞれの文化なのです。

ですから、これらを教える時、声を荒げて叱ってはなりません。次のように言いましょう

「食事する時は手ではなくスプーンを使おうね」

「3歳になったからそろそろスプーン、フォークは卒業してお箸を使ってみようか?」

 

■厳しく叱らなくてはならない時って?

その土地の文化ではなく、いかなる時でも“人間としてやってはいけない態度”があります。

例えば友達を突き飛ばしたり傷つけたり、友達の身体の特徴をネタにして「キモい!」だとか「臭い!」と言うなどです。こんな時はやっていいこと悪いことをしっかりと教えましょう。

赤ちゃんが生まれた時、教えなくても胸に近づけると乳首を吸いますよね。人間はおっぱいの飲み方は本能として知って生まれてきます。けれども“手づかみで食べない”“友達を噛まない”などは教えなくてはわかりません。

文化を教えることと人としての善悪を教えることは言い方を変えなくてはなりません。

手づかみでご飯を食べた時と友達を傷つけたときの叱り方には違いを持たせましょう。

 

■特定の空間だけのルール

小学校では“授業中席を立ってはいけないというルール”があります。

授業中、先生がチョークを落としました。ある子どもが親切に席を立って拾いに行きました。すると「授業中席を立ってはいけません!」と雷を落とした担任がいました。対応が間違っていますよね。

これは授業中の特別ルール、休み時間にそれをしたら褒められる行為です。ですから先生はこう言えば良かったのです。「ありがとう。でもね、授業中は先生が拾うからね」

 

いかがでしたか。

今日ご紹介したようにしつけには大きく2種類あります。ですから使い分けが必要になります。“しつけ”と称して何でもビシッと叱るのは止めましょうね。

 

【画像】

※ evgenyatamanenko / PIXTA

 

【関連記事】

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#04 ゲームは禁止した方がイイの?

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#03 いじめはどうやって見抜けばいいんでしょう?

【テキトー母さん流☆子育てのツボ!】#02 上の子の「赤ちゃん返り」どうすればいい?

※ 基本情報まるわかり♪赤ちゃんの月齢別ガイドが超便利!

%e3%80%90%e7%99%bd%e9%ab%aa%e6%8a%9c%e3%81%91%e6%af%9b%e7%89%b9%e9%9b%86%e3%80%91

【PICK UP! Sponsored 記事】

※ おむつ代がおもちゃに!? パンパース「ポイントプログラム」が超お得すぎ!

※ 【簡単これ1本】産後ママ開発の天然シャンプーで抜け毛・白髪対策!

※ ママたちが教えてほしい「葉酸のフシギ」!管理栄養士が解説します

肌荒れとオサラバ!新米ママ必見「赤ちゃんの正しい洗い方」3ステップ

%e3%83%a1%e3%83%87%e3%83%a9%e3%83%90%e3%83%8a%e3%83%bc%e2%91%a0

【参考】

※ 『〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

テキトー漫画

※ 『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』

普通の画質

【著者略歴】

※ 立石美津子・・・専門家ライター。32歳で学習塾を起業。現在は保育園、幼稚園で指導しながら執筆・講演活動に奔走。自らは自閉症児の子育て中。著書に『一人でできる子が育つ「テキトーかあさん」のすすめ』『小学校に入る前に親がやってはいけない115のこと』『読み書き算数ができる子にするために親がやってはいけない104のこと』『心と頭がすくすく育つ読み聞かせ』『「はずれ先生」にあたった時に読む本』『〈マンガとQ&Aで楽しくわかる〉1人でできる子になる 「テキトー母さん」流 子育てのコツ』

LINEで送る