『ママ、「早くしなさい!」って言わないで』の加藤富美子さんに教わる!“イライラしない子育て”のコツ

source:http://www.php.co.jp/

子どもに対して「早くしなさい!」って口ぐせのように言ったりしませんか?

加藤富美子さんの著書『「ママ、早くしなさい!」って言わないで』があるくらい、ママの口からよく聞く言葉になっているんだと思います。

筆者も保育園に行く準備をしているときはついつい言ってしまう言葉なのですが、「~しなさい!」と言い続けるのは子どもにはよくありません。

本書にもありますが、親の都合を押しつけ続けると子どもに“悪影響”を与えてしまいます。

「はやくしなさい!」と子どもが言われてどう感じているか、また子どもにどんな悪影響があるのか、本書に書かれていることも参考にご紹介します。

source:http://www.php.co.jp/

 

■子どもに「はやくはやく」と言いすぎるのはよくない

子どもが全然言うことを聞かないからついつい、「早くしなさい!」、「これしちゃダメ!」、「~しなさいって言ったでしょ!」と言ってしまいます。

また、「あれはできたの?」「ちゃんと準備した?」と何度も子どものことに対して、子どもがやる前からいろいろ言ってしまったりもします。

子どものためを思っても、実はあまりにもママがそのように言い続けてしまうと、子どもは自分でできないと考えてしまう可能性があります。

「自分は何事も遅いんだ」、「ダメなことばっかりしちゃうな」、「ママに心配ばかりかけてる」というような“マイナス思考”になってしまうかもしれません。

 

LINEで送る