“頑張れ”の一言がわが子を追い詰める…!? 「励ましのNGワード」を避けるべき理由

source:http://www.shutterstock.com/

子どもに「頑張りなさい」と声をかけているママをよくみかけます。徒競走で惜しくも2位になったわが子に「もう少しで優勝できたのに、残念だったね」とダメ出しする人もいます。

でも、「頑張って」を頻繁に使うのは、果たしてどうなんでしょうか。言われた側はどう感じているでしょうか。ひょっとしてこれ以上、頑張れないかもしれません。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“追い込んでいるかもしれない励ましの言葉”についてお話します。

 

■「これ以上頑張れない」のに頑張れと言うのは身勝手

大人同士のFacebookやLINEでのやりとり。

「今日も一日がんばりましょう!」

「お仕事、頑張ってください!」

「お誕生日おめでとうございます。これからも頑張ってください」

「毎日、毎日がんばっているのにこれ以上どうするの?」

「誕生日を迎えるたびに、年をとって身体はドンドン老化するのに、また老体に鞭打って頑張らないといけないんだあ」

捻くれているかもしれませんが「これ以上、無理!」と感じてしまう人も実際いるようです。また「無理しないでね」と言われると「無理しているように見えるのか」、「お休みのところ失礼いたします」と言われると「こっちは休日も仕事しているんだからね」と思う人もいます。人間の心って勝手なものですよね。

相手の状況を詳しくわからないでかけるお決まりの社交辞令にいちいちつっかかる必要はありませんが、わが子には状況に応じてかける言葉を工夫してみませんか。

 

LINEで送る