外出中も例外はナシ!動物のごとく「モノを投げるわが子」原因と対処法はあるの?

shutterstock_184143170
source:http://www.shutterstock.com/

物を投げるのが好きなタイプの赤ちゃんがいます。投げるモノは問わず、食べ物だったりおもちゃだったり……。言って聞かせてみても、あまり効果がない様子。

ではなぜモノを投げるのでしょうか?

今回は子育てアドバイザーであり四児の母である筆者が、“赤ちゃんへのモノを投げたがる習性としつけ法”についてご紹介します。

mica

 

なぜモノを投げたがるの?

答えは簡単。“面白いから”です!

「自分の行為、働きかけによって、物事が変化する。」

この世界の初心者である赤ちゃんにとって、これほど好奇心をくすぐられることはありません。

モノを投げ続ける赤ちゃんは、この世の探求者、冒険家、研究者とも言えるのです。

かといって、ママは物を投げる赤ちゃんをそのままニコニコと眺め続けるわけにもいきませんよね。社会で生きていく以上は、この世のルールを教えるのは親の役目です。

ではどうすればいいのでしょうか?

 

まずは「あぷっ!」と怖い顔で

shutterstock_105033170
source:http://www.shutterstock.com/

ある行為をしたときに、ママがいつもと違う様子を見せてみましょう。最初はよく分からず、むしろケタケタと笑ってくることもあると思います。が、同じように物を投げたときは一貫して「あぷっ!」と言ってちょっと怖い顔を見せてみてください。

いつも同じ反応をすることが大事です。

そうすることで、子どもは“これはやってはいけないこと”と学ぶことができます。

 

おもちゃと食べ物で違う対処法

●「おもちゃなどの場合」

shutterstock_98781680
source:http://www.shutterstock.com/

例えば人形を投げた時は、上記のことをした後で、投げられた人形を拾って胸に抱き、「いいこ、いいこ。痛かったねえ」と優しくしてみてください。

すぐには分からないかもしれませんが、繰り返すことで段々と分かってきます。そのうち、誰かが何かを投げたときに、子どもの方が「痛い痛いだねえ」なんて言ってくるかもしれません。

 

LINEで送る