【汚したくないママ必見】座らせて“おしっこ”はNG習慣!? 「男の子のおしっこ」で工夫すべき点2つ

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

男の子のママ。トイレの壁を汚されるのが嫌で、便器に座っておしっこをさせていませんか?

また、立っておしっこさせる場合もいつまでもスボンを下して、お尻がプリンプリンの丸見え状態でさせていませんか?

これですと、小学校に入学したときイジメやからかわれる対象になったりします。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が男児のトイレのしつけについてお話します。

 この方法は自閉症の息子がこういうことでつまずいていた時、療育施設で教えてもらったことです。

 

■家では座ってするルールがある?

男の子に立っておしっこをさせると、トイレの壁や床がおしっこで汚され、掃除のとき、イラッときてしまうことってありますよね。

だからつい、子どもに、もうすぐ小学生になるというのに座ってやらせているママがいます。

ついでに夫にも家では「大便も小便も座ってしましょう」の貼り紙をして“ルール”を課している奥さんもいたりします。

けれども、外出先では男子用の立ってするタイプの便器が多いです。小学校も同じ。

男子トイレで個室に入ると「学校でうんこをしている」とからかいの対象になるからと、男子トイレを全部個室にしている学校もありますが、ほとんどの学校が立ちながらするタイプが備え付けられています。

 

LINEで送る