【7月1日は銀行の日】日本もイギリスEU離脱の影響大?ママ必見「マイナス金利時代」の銀行活用法

source:http://www.shutterstock.com/

本日、7月1日は『銀行の日』というのをご存知ですか?

先日、イギリスで行われた国民投票では、EUからの離脱派が勝利し世界中に衝撃が走りましたが、私たちも“今後の生活防衛”を考えた方がよさそうです。

今回はファイナンシャルプランナーの筆者が、『銀行の日』にちなみ、“マイナス金利時代の家計防衛術と銀行活用法”についてお話します。

 

■株価急落…。日本とも関わり深いイギリスの「EU離脱」でどんな影響が出る?

イギリスのEU離脱のニュースが出た直後、日本では急激に円高が進み株価も急落しました。帝国データバンクの調査によると、イギリスに進出している日本企業は、2016年6月現在で1,380社にも上るということです。

日本とも深い関わりを持つイギリスの動向が、私たちの生活に与える影響は大きくなるでしょう。短期的には、円高が進んでいますので輸入品が安く買えるだろうというメリットもありますが、輸出産業を中心に業績悪化や賃金の低下、リストラなども心配されています。

今後は、“家計を守り、貯蓄できる力”が必要になってきます。いざという時に困らないために、“生活費の6か月分”の緊急予備資金を貯めることを目標にしましょう。

 

LINEで送る