夏は“乳児脂漏性湿疹”の悪化に要注意?ママの「正しいスキンケア」で赤ちゃんのお肌を清潔に保つコツ

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

ジメジメした毎日が続いていますね。

潤いは大事ですが、汗をかいてベタベタした状態はとても不快なものです。それは赤ちゃんでも同じ。

赤ちゃんは大人より体温が1℃程度高く、新陳代謝も盛んなので汗っかき。

オムツを付けていることでムレが発生し、スキントラブルを起こしやすい状態にあります。ママが赤ちゃんのための“正しいスキンケア”を知っておくことはとても重要です。

今日は助産師である筆者が、乳児脂漏性湿疹と赤ちゃんのための“正しいスキンケア”についてお話いたします。

城所

 

■「乳児脂漏性湿疹」って知ってる?

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

赤ちゃんの頭やおでこ、まゆ毛などに黄色っぽい“カサブタ”のようなものができることがあります。

それを“脂漏性湿疹”といいます。赤ちゃんは新陳代謝が盛んなことに加えて、ママのホルモンの影響も残っているため、生後3ヵ月くらいまでは特に皮脂の分泌が盛んです。

分泌される毛穴も小さくて詰まりやすいため、そこに汗や汚れがたまることで湿疹が悪化する原因となります。汗をかきやすい夏は要注意ですね!

ケアのポイントは“清潔にしてあげること”です。

 

LINEで送る