梅雨時期の子どもの「つまんなーい!」攻撃にはコレ!“知育に役立つ”簡単手作りおもちゃ

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

梅雨の時期は外に遊びに行けないので、子どもの「つまんなーい!」攻撃に悩むことが多くなります。そんなときこそ、ママやパパが“室内で楽しめるおもちゃ”作りをしてあげましょう。

幼児期の子どもは、手という“センサー”を使って世界を感じ、学んでいきます。作って、遊んで、子どもの感性や器用さをぐんぐん伸ばすチャンスです。

 

■「作ること」自体が知育になる

“何かを作る”過程は、思考と学びの宝庫。

「どんな材料が必要かな?」

「どの順番で作るとはやく簡単にできるかな?」

「このやり方だと上手くいかないな。こっちのやり方を試してみよう」

「もっと良いものを作るには?」

などと、子どもが自分の頭で考え、行動するからです。

工夫すること自体を楽しめるようになると、自分の力で考える力をぐんぐん伸ばしていきます。

 

LINEで送る