【結婚式まで129日】#2 カジュアルスタイルが旬!こんなにあるある「おもしろカジュアルウェディング」3選

shutterstock_310437071 (1)
source:http://www.shutterstock.com/

今は結婚式をしない“なし婚”が当たり前になりつつあります。面倒なことが多いし、かなりの出費にもなりますのでそれが懸念材料となっていることはとても分かります。

筆者は去年8月に出産を終えたのですが、式はまだ挙げておらず、娘が1歳を過ぎた月齢が良いと考え、今年の11月に結婚式を挙げる予定です。盛大な結婚式にはあまり興味が無かったので、「大事なゲストに楽しんで欲しい」という思いで、カジュアルウェディングを計画しています。

そんな筆者の“子連れリアルウェディングストーリー”を11月の本番までカウントダウンしながら連載でお届けしていきます!

連載第2回は“今人気のカジュアルウェディングを行うにあたり、式場選びのポイント”についてお伝えします。

 

■「式場選び」で欠かせない3つのポイントは?

shutterstock_149934743
source:http://www.shutterstock.com/

“The結婚式”というような、かしこまったウェディングとカジュアルなウェディングをしたい場合とでは、式場選びのポイントは少し違ってくると思います。

式場を契約した後に「こんなはずじゃなかった」と言っても、契約金が返ってくることは少ないと思いますので、そんなに簡単に式場を変えることはできません。後悔しないためにも、式場を選ぶ時のポイントをご紹介します。

(1)式場見学をする前に結婚式のイメージを固めておく

これ、とても重要です。

筆者はある程度固めて行ったので、「●●したいんですができますか?」「●●する場合はプラスいくらかかりますか?」など具体的な話をして冷静に決めることができました。

筆者の場合、「高砂にはソファを置いて、テーブルも置かずにゲストと距離感を近くしたい」「新郎側、新婦側など分けずに全員で円を描いた座り方にしたい」などというこだわりの要望があったので、それができるのかどうかは最初に聞いておく必要がありました。

 

(2)どこまで持ち込みOKなのか?持ち込み料はいくらか?

shutterstock_323042774
source:http://www.shutterstock.com/

式場によって「飲食物やドレスの持ち込み完全NG」「持ち込み料が10万円以上」などというルールがそれぞれにあります。

筆者は、たくさんの小物を自分でDIYして持ち込みたいという気持ちがあったので、持ち込みの制限についてはとても重要なポイントでした。

最近思いついた案で「手作りサングリアを夫婦で注いでゲストをもてなしたい」というのがあったのですが、手作り飲食物は会場側からNGだと言われてしまいましたので、何か他の案を考えたいと思います。

 

(3)スタッフの方に感覚が伝わるか

結婚式場のスタッフの方は“きちんとした結婚式”には慣れているかとは思いますが、カジュアルウェディングのアットホーム感やオリジナル感は、個人の感性の違いなどもありますから、なかなかプランナーの方に伝わりにくいことも多いと思います。

イメージの共有のためにも「こんな感じのウェディングを過去にされたことありますか?」などと聞いて、スタッフの方の反応を見てみた方が良いかもしれません。

 

LINEで送る