“家庭という会社”の上司は妻、部下は夫…!? 夫婦にマストな「報・連・相」3つのコツ

shutterstock_53560513
source:http://www.shutterstock.com/

ビジネス上では欠かせない基本中の基本、報告、連絡、相談、略して“報連相(ホウレンソウ)”ですが、実は家庭でも欠かせない最重要事項なのです。

早く言ってしまえば、家庭は“会社”と同じ。

その場合、“家庭”という会社の上司は妻で、部下が夫という位置付けで考えた方が、夫婦関係が上手くいきます。

そこで今回は、約7,000件の夫婦問題を解決に導いてきた、夫婦問題カウンセラー高草木陽光が、“夫婦関係を良好に保つための報連相の3つのコツ”をご紹介します。

 

■「家庭という会社」を上手に運営するためには?

shutterstock_147933056
source:http://www.shutterstock.com/

帰宅するなり、会話もなくスマホゲームを始める夫……。家事や育児を、ほんの少し手伝っただけで、家のことに“協力的な夫”と言わんばかりの態度。

これでは、“家庭”という会社が破綻しかねません。家庭では、妻であるあなたが上司役として、部下である夫を上手に扱うことをオススメします。

今日から夫のことは、“新入社員”だと思うようにしてみましょう。そう思うことで、イラっとすることも減り、精神衛生上にも良いのです。

新入社員を、“使える社員”に育てるのは、上司であるあなたの役目です。まずは、して欲しい仕事を指示し、そのやり方を具体的に説明しなければ“新人”には分かりませんし動けません。

そして、仕事の成果を認め、褒め、時には厳しくも愛のある言葉を掛けながら育てることで、少しずつ“使える社員”へと変化していくのです。

 

LINEで送る