ママ必見!“頑張りパパ”だって落ち込む…「イクメンが憂鬱」になる3つの瞬間

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

仕事はもちろんのこと、家事や育児にも積極的に参加をしている“イクメンパパ”たち。

ただ、なかなか全てを上手にこなすのは難しいことでしょうし、毎日やっていれば、色々と気分が落ち込んでしまうようなことも起こりますよね。

そこで今回は、イクメンパパたちがちょっと“憂鬱な気分”になってしまう瞬間を紹介します。

 

■パパも育児で「ブルー」になっている?

近年は女性の社会進出もどんどん進み、働くママさんもかなり増えてきています。共働きで子育てをしている夫婦も多いので、男性の育児参加も当たり前のことになってきていると言えるでしょう。

ただ、頑張って育児や家事に奮闘していても、なかなかうまくいかないことも多く、落ち込んだり“憂鬱な気分”になってしまうパパも多いようです。

育児参加をする男性が増える一方で、「仕事と育児の両立」に悩みを抱えてしまう男性も増えているのでしょう。

では、パパたちは、どんなときに憂鬱な気分になってしまうのでしょうか? イクメンパパたちが「ブルーになってしまう瞬間」を以下にまとめてみました。

 

■ママ必見!イクメンが「ブルーになってしまう」3つの瞬間

(1)休日でも「全く休めない」

毎日、朝から晩まで仕事をして疲れ果てているのに、土日は朝から子どもの相手をしなくてはいけない。

なので、本音としては休日くらいゆっくり寝ていたいのだけれど、なかなかそんなわけにもいきません。でも、これはパパに限らず、ママだって訴えたい悩みであるでしょう。

だからこそ、こんなことは口が裂けてもママの前では言えません。言えないからこそ、ストレスになって蓄積されていってしまうものなのです。

お互い疲れていることはわかっているのですから、そこは夫婦でちゃんと話し合って、どちらかが子どもの相手をしている間はどちらかが昼寝をするなど、休日には順番に休んだりすることもときには必要になります。

 

LINEで送る