【レッツ断捨離!】ソレ本当に必要?散らかる原因を作ってる「捨てられない!」5つのモノ

shutterstock_108692468
source:http://www.shutterstock.com

子どもの作品や洋服の予備のボタンってどこまで取っておきますか? 実はこれらのために部屋が狭くなったり、散らかる原因になっていたりするんですよ。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“なかなか捨てられないもの”についてお話します。

 

■それ本当に必要?「捨てる」リストに入る物5つ

(1)予備はほとんど出番なし!? 「洋服のボタン」

新しい服を買うと予備のボタンが付いてきますよね。万が一、取れてしまったとき用です。でもボタンが取れてしまい、失くしてしまったことって今までの人生で何回ありますか。

縫製が悪く取れかかっても、ボタンがヒモ1本でぶら下がっている段階でたいてい親切な誰かがこう教えてくれます。「ボタンが取れかかっているよ」だから予備のボタンが登場する場は、ほとんどありません。

PB250881
Photo by author

それから端切れも付いてきます。「犬に噛まれて洋服がちぎれた」「道で転んで服が破けた」。こんな体験を一生のうちでする人って一体どれくらいいるんでしょう?

だったらボタン、端切れは思い切って捨てましょう。「いつか何かに使うかも?」と思ったあなた。その“いつか”はほとんど訪れることはありませんよ。

 

(2)次はいつ寄るの?無駄に集めがちな「ポイントカード」

お店側は「また来てもらおう」と思ってポイントカードやスタンプカードを発行しています。でも、今度、いつ行くかわからないポイントカードを作らないことです。

滅多に行かない湘南にあるオシャレなパン屋さん。今度いつ寄る予定ですか? 1年後? 5年後? ひょっとしたら一生行かないかもしれません。

10年後に行っても店は潰れていたり、繁盛して青山や六本木に移転しているかもしれません。

不要なポイントカードを大事に取っておくことで以下のような事態に陥ります。

●財布が肥満児状態

PC021018
Photo by author

財布内にいらないカードがギッシリ詰まってパンパン。可愛い財布も肥満児状態! レジの精算でカードを探すのに時間がかかり、後ろの人にも迷惑がかかってしまいます。

また、財布がパンパンになって、壊れることも……。

10,000円で買った新しい財布。僅かに溜まったポイントより新調した財布代の方が断然高いでしょう。

100円で1円のポイント。10,000円買っても100円溜まるだけ、お茶代にもなりません。

頻繁に行くスーパーだったら“塵も積もれば山となる”で有効です。でも、滅多に行かない店のカードは最初から作らなことですね。

 

LINEで送る