2人目育児にお悩み中“青木裕子さん”もお気に入りの「familiar」が代官山にオープン

Photo by Author
Photo by Author

皆さんは、「For the first 1000 days」という言葉の意味を知っていますか?

妊娠がわかってから出産までの約270日間と、赤ちゃんが産まれてから、2歳のお誕生日を迎えるまでの730日を合わせた期間です。

2歳と言えば、イヤイヤ期も始まり、なかなかママのいうことを聞いてくれなくなりますよね。

けれど、そのイヤイヤ期も含めた「命の“始まりの1000日間”」に何と関わるかが、赤ちゃんにとって重要になってきます。

その時間を大事にしながら、様々な取り組みを行っている『familiar』が、6月25日に代官山に“新コンセプトショップ”をオープンします。

今回は、新しい『familiar』の店舗に、It Mama取材班が行ってきました!

 

■約60年前、たった4人から始まった「familiar」の歴史

Photo by Author
Photo by Author

1950年、たった4人の女性から始まった『familiar』は、「世界でもっとも愛されるベビー子ども関連企業になる」ことを企業のビジョンに掲げ、100年企業を目指しています。

国産シルク100%にこだわった、本当に肌触りの良いベビー肌着は、海外でも驚かれるクオリティーなんだとか。

子どもの肌に触れる、それが大事な“コミュニケーション”になるからこそ、子どもの喜ぶ“着心地のよい品質”にこだわっている『familiar』の肌着を愛用しているママも多いのではないでしょうか?

肌着の生産・販売にとどまらず、今後は「子どもの可能性をクリエイトする」といった企業スローガン実現のため、保育事業・海外戦略など、活動の幅を拡大中。

そんな活動のひとつが、代官山にオープンした新店舗なのです!

 

■お店ではママ・プレママの知りたい情報がたくさん「学べる」

Photo by Author
Photo by Author

こちらは新しい『familiar』代官山の店内の様子です。

アパレルショップには珍しい、カウンターキッチンとカフェスペースがありました。ここは、「離乳食、離乳食食器」を試せるスペースなんです。

Photo by Author
Photo by Author

専門のスタッフがやさしく対応してくれ、離乳食の食べさせ方や作り方など、初めての“食”に関する学びがあります。

食を通したコミュニケーションは、子どもの食育にもなりそうですよね。

Photo by Author
Photo by Author

こちらはなんと、“沐浴”ができるスペース!

実際に家でできるように、練習台は一般的なキッチンのシンクに寄せているんだとか。

人形を使いながら、子どもの“沐浴”のさせ方、タオルでの拭き方や服の着させ方など、一通りの流れを学べるのです。

ただ赤ちゃんの洋服や、出産祝いなどを買う店舗ではなく、プレママが「ママになるための勉強」ができる施設でした。

 

LINEで送る