子どもの“あるある言い間違い”!思わずニッコリ☆「面白エピソード4選」

shutterstock_72638878
source:http://www.shutterstock.com/

小さな子どものいるママなら、子どもと過ごす毎日の中で、思わず癒やされるシーンに、子どもの言い間違いが挙げられると思います。就学前の小さな時期の拙いお喋りは、すごく可愛らしいものです。

筆者自身も子育てと仕事で忙しくて、「も~!」と叫びたくなることも多々ありますが、そんな時に癒されるのが子どもの面白いお喋り。

今回は、クスッとくる、小さな子どものいるママなら「あるある!」とうなずける、おもしろ言い間違いエピソードを4つほどご紹介します。

 

■エピソード1:梅雨の季節のおもしろ言い間違い

shutterstock_53204065
source:http://www.shutterstock.com/

兄:まる子、かたつむりの歌、知ってる?

妹:知ってる!でんでんむしむし、“堅結び”~♪

兄:ええっ!?でんでんむしを結んじゃうの?

妹:ちがうよ!堅結びだよ!

兄:それ、「か・た・つ・む・り」じゃない?

妹:そうそう、それそれ~

3歳の娘は“かたつむり”を“かたむすび”と言い間違えていたようです。兄に指摘されても、未だに堅結びと言っています。かたつむりを結んだら、大変なことになりそう……!

 

エピソード2: アナタに尽くしたい~

ママ:さあ、お出かけするから、靴下履こうね。

娘:まる子、もう尽くした。履いたよ。

ママ:誰に尽くしたの~(笑) ああっ!“尽くした”じゃなくて、これは“く・つ・し・た”って言うんだよ。

これも毎回ツッコミたくなる言い間違いです。

何度言っても「くつした」が「尽くした」になっちゃいます。靴の下というイメージがわくようになると、正しく言えるようになりそうですね。

 

LINEで送る