5つ子授かった“妊活ママ”全員失う結果に…。「減数手術」の医療ミスと倫理的課題とは

shutterstock_421218652
source:http://www.shutterstock.com/

不妊治療の末にようやく5つ子を妊娠したのに“減数手術”のミスによって、1人も出産できなくなった妊婦が産婦人科に約2,340万円の損害賠償を求める訴訟を起こしたというケースが発生しました。

原因は子宮内で胎児の数を減らす“減数手術”で男性医師が術前のエコー検査の結果を見誤ったこととされています。

今日は弁護士の筆者が、訴訟の行方にも触れながら、この“減数手術の是非”などについてお伝えしたいと思います。

 

胎児の「減数手術」、なぜするの?

不妊治療のために、体外受精や排卵誘発剤の使用を行うと、2人以上を妊娠する“多胎”が生じやすくなります。

胎児の数が増えると、1人あたりの出生体重が減少するほか、流産率が増加し、また、お子さんに脳性まひ、精神発育障害、未熟児網膜症などの後遺障害が残るリスクが高まります。

さらに、多胎はママが合併症にかかる確率も飛躍的に増加します。

そのために減数手術の必要性が生じますが、はたして減数手術は法的にも倫理的にも許されるのでしょうか?

 

「減数手術」ってどうなの?

shutterstock_171529343
source:http://www.shutterstock.com/

多胎は母子の生命健康を脅かしかねないものですから、三胎以上の多胎があったときに、必要な減数手術が行われることは“認めざるを得ない”といえます。

不妊治療の技術改善により、多胎を防止すべきではありますが、多胎になる可能性をゼロにするのは難しいでしょうから、法整備をして減数手術が適切に行われるべきです。

もちろん、胎児を選別する結果となりかねない減数手術につき、倫理上の問題は残ります。

ただ、倫理上の問題を突き詰めていけば、「堕胎自体の是非」や「不妊治療によって人工的にお子さんを儲けることの是非」についても論じられることになりますが、現在の社会において、堕胎を行うことや不妊治療によりお子さんを授かることは(限度はありますが)許容されていますよね。

 

LINEで送る