保育士のブラックな職場環境って?本当に役立つ「保育園との付き合い方」3つのポイント

shutterstock_341582597
source:http://www.shutterstock.com/

先日、福岡県太宰府市で1年で保育士30人が退職するというニュースが西日本新聞に掲載されていました。

保育園に関しては、待機児童や保育園建設反対の問題もあり、保育園に入れない子たちがいる中で、保育園側でも人が足りないというような事態になっています。

また、仕事の環境も厳しく、乳幼児へ気を遣ったり、保護者からの指摘があったり、保育士のブラックな職場環境が話題になることもあります。

せっかく保育園に預けることができても、保育園がそんな状況だと聞くと、ママも心配ですよね。

今日は、筆者のママ友や知人から聞いた話をもとに、本当に役立つ“保育園との関係で親が気をつけるポイント”をご紹介します。

 

■こんな「保育園」は選びたくない!

shutterstock_274017311
source:http://www.shutterstock.com/

まず、保育園選びですが、待機児童が多い中、保育園に入れるのも大変な状況とはいえ、できることならばいい保育園を選びたいですよね。

では、どんな特徴の保育園が良くないのでしょうか?

保育士がいつもイライラしていたり、しんどそうにしている

保育園や学校選び、就職活動でも同じことが言えますが、まず1つは働いている保育士が楽しそうに働いているかどうかが重要です。

保育士がイライラしている保育園は忙しかったり、満足いく仕事ができていない可能性が高いです。

 

施設が汚れてたり、掃除が行き届いていない

掃除をする余裕がない状況なので、保育園として管理ができていなかったり、保育士が忙しすぎる可能性があります。

待機児童も多く、保育園に入れたらどこでもいいという状況かもしれませんが、保育園の質がには注意が必要です。

それでは、このような状況の中で親としてどういうところに気をつけた方がよいのでしょうか?

 

LINEで送る