1歳半ころがベストタイミング!子どもが「数の概念」を楽しく学ぶ3ステップ

source:http://www.shutterstock.com/

「数の概念」を教えるのって、とても難しいですよね。

小学生になったわが子に時計の読み方や「あと何分で何時?」を上手に教える自信、ありますか?

3歳頃までに数の概念を身につけ、数えたり、量を比べたりすることが大好きになると、小学校の算数も理解しやすくなります。

生活の中で楽しく数と遊び、学ぶことができる方法をご紹介します。

 

■1歳半ころがチャンス!「人差し指を立てられる」ようになったら学びのスタート

1歳半くらいになると、手を握って人差し指だけを突き出す「1」の形ができるようになります。

言葉を発することができるようになる時期でもありますから、「1」のポーズで「いち」と口ずさめるように。

そうなったら数のお勉強を始めるチャンスです。楽しく数に触れさせてあげましょう。

 

■数える力が「算数」につながる

1歳半ごろから数に触れ始め、2歳くらいまでに数の名前や量の感覚をつかんでおくと、3~4歳になって「あわせて、いくつ?」「なん番目?」などが理解できるようになります。

小学校1年生で学ぶ足し算、引き算も理解しやすくなりますよ。

 

LINEで送る