ドラマ「朝が来る」で話題!“特別養子縁組”は「実の親子関係」を断ち切るモノって本当…!?

shutterstock_299127773
source:http://www.shutterstock.com/

特別養子縁組によって、子どもをもった家族と実の母親とのストーリーを描いた小説原作のドラマ『朝が来る』(土曜夜11時40分~放送)。

安田成美さんが、16年ぶりに連続ドラマの主演を務めることもあり注目されていますが「特別養子って何?」と疑問に思っている方も多いかもしれません。

また、7月にスタートするドラマ『はじめまして、愛しています。』も、同様に特別養子縁組がテーマになっているそう。

「本当の両親だと思っていたのに、実は自分は養子だった!」というのは小説やドラマによく出てくる設定ですが、なぜ、いま養子縁組がなぜドラマになるのか、ということも併せて“養子縁組制度”について簡単に解説していきます。

 

■「特別養子縁組」がドラマで取り上げられる理由は?

晩婚化が進んでいる現在、特別養子縁組によって親子関係を持つご両親(養親)は、不妊治療によってお子さんを授かることができなかったご夫婦であることも少なくないようです。

お子さんの虐待事件や児童相談所への相談件数増加の報道も、この頃よく目にするので、これらを題材とした小説やドラマにおいて“特別養子縁組制度”を取り上げるのは、前述のような社会的背景があるとも言えるかもしれません。

 

LINEで送る