キッチンの“手洗い省略ママ”は8割!? 梅雨から増える「食中毒」を防ぐ手洗いのポイント3つ

shutterstock_257707906 (1)
source:http://www.shutterstock.com/

梅雨に入り、小さなお子さんのいる家庭では特に“食中毒”が心配な季節になりました。

ママは1日中キッチンに立っていたりしますよね。朝は朝食とお弁当作り、夜は「お腹空いた~」と言う子どものために急いで夕食の準備。

調理に集中したいのに、「ママ、トイレ行きたい!」なんて言われたり……ゆっくりお料理する余裕なんてありません。

そうなると、つい省きがちなのが調理中の“手洗い”です。実はこの“手洗い”が、これからの季節の怖い“食中毒”の原因になるってご存知ですか?

今回は「ジメジメ季節の手洗いの重要性、食中毒の引き起こす怖さ」についてお伝えします。

 

キッチンは「食中毒のキケン」がいっぱい!

腹痛や下痢、嘔吐などの症状が突然出た場合に、疑われるもののひとつが“食中毒”です。

厚生労働省によると、平成27年度の食中毒の発生状況の61.7%は“飲食店”で発生しています。

しかしながら、実は次に多い発生場所は“家庭”なのです! 驚きですよね。症状が軽かったり、家族全員に症状が出ていない場合などもあるため、実際にはもっと発生していると考えられます。

そこで、バイ菌が多く存在している“キッチンの衛生管理”が重要になってきます。

食中毒の原因となる細菌やウイルスは、肉や魚などの食材に付着しているほか、調理するママの手にも細菌やウイルスは付着しています。

手を洗わずに食材や食器などを触ることで、バイ菌がどんどん広がってしまいます。不衛生な手のまま、離乳食や小さな子どもにご飯をあげたりすると、キケンです。

また、食器用スポンジ、ふきん、シンク、まな板は細菌が付着して増殖したり、ウイルスが付着しやすいので、気をつけましょう。

 

アナタも実は「キッチン手洗い省略ママ」!?

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

“薬用せっけんミューズ”の実施した「20代から40代の既婚女性を対象としたアンケート調査」によると、キッチンに立っている主婦の実に8割が手洗いを10秒以内と答え、“キッチン手洗い省略ママ”だった……ということがわかりました!

省略してしまう理由は、調理中の手洗いへの“ストレス”。

キッチンにハンドソープを置かない家庭が36.6%もあり、その理由としては「場所をとるのが嫌、食器用洗剤で洗う」などでした。

また、「見た目が汚れていなければそのまま調理する、水洗いで十分」、「ふきんやタオルで手の汚れを拭き取る」など、様々な行動が明らかになりました。

ママの天下であるキッチンでの手洗いは“治外法権”とも言えるでしょう。

 

LINEで送る