【未読スルーも効果的】LINEやFacebookは繋がるべき?「義母や義姉」との上手なコミュニケーション法

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

今はスマホのおかげで、誰とでも、どこでもいろんな人と繋がることができますよね。

特に、コミュニケーションの手段としてLINEを活用している人は多いのではないでしょうか?

とても便利なLINEですが、“既読”機能などから、従来はなかった“プレッシャー”に悩まされるケースも増えてきているようです。

特にママとして難しいのが、義母や義姉など、“義実家関係”です。

筆者の周囲からも、「LINEやFacebookで義母や義姉とは繋がるべき?」そして、「もし繋がってしまった場合、どうコミュニケーションを取っていくべきなの?」という疑問をよく聞くようになりました。

そこで、今回はコミュニケーションライターの筆者が、「LINEなどのオンライン上で気をつけたい、義実家とのコミュニケーション」についてお伝えします。

 

■繋がると幾度となく連絡くる…!? 「ID教えて」と言われたときの上手な断り方3つ

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

LINEやFacebookなどの使用がいろんな世代で広がってきています。もし、義実家から「LINEのID教えて」「Facebookやってないの?」と言われた場合、どうすればいいのでしょう?

基本的には、繋がりを持たないのがベター。「義両親をはじめ、義実家とはとても良好な人間関係を築けていて、なんでも遠慮なく話せる」というなら別ですが、そうでないなら、後々“大きなストレス”を抱えることになります。

実際、「孫や息子の近況知りたさに、義両親が何回も連絡してきて鬱陶しい」「義実家の人間にタイムラインを見られていると思うと、投稿ができない」という声をよく聞きます。

また逆に、義実家のタイムラインの投稿の内容にイライラさせられている人もいます。

義実家というのは、自分の親や友人とは違います。基本的に、遠慮して言いたいことが言えない、自分のことを理解してもらえないなど、コミュニケーションになんらかの“障害”がある場合が多いでしょう。

そういう相手とオンライン上で繋がると、コミュニケーションは良くなるどころか、ストレスになるほうが圧倒的に多いのです。

もし義実家の人間からLINEやFacebookでの繋がりを求められた場合は、

・「LINEでのやり取りって苦手で、ほとんどやっていないので」

・「もうすぐスマホを買い換えるつもりなので」

・「仕事用の(もしくは古い)アカウントなので」など理由をつけて、丁重にお断りするか、濁しましょう。

 

そして、「なにかあれば、主人に連絡してもらうようにしますから」と伝えましょう。

それでも、もし万が一繋がってしまったらどのようにコミュニケーションとれば良いのでしょうか……。

 

LINEで送る