“またこれ読んで”は学力UPのチャンス!「絵本の繰り返し読み」で育まれる力とは?

source:http://www.shutterstock.com/

子どもが「この本、読んで!」と毎回同じ絵本を持ってくると、「またその本?他の本がいいんじゃない……?」と不安になったり、読み聞かせるのが面倒になったりしてしませんか?

実は、絵本の繰り返し読みは、知育のチャンス!

繰り返し読めば読むほど“思考力”が高まります。

 

■子どもの「同じ本を読んで!」は思考力を高めるチャンス!

幼児期の子どもは、気に入ったお話を何度も繰り返し聞くのが大好き。まだ文字を読めないのにお話を覚え、口ずさめるようになることもあります。

絵本のように、ストーリー性のあるお話を覚えて再現するには、話の筋道を追い、場面ごとの雰囲気や特徴、登場人物の気持ちを感じ取る必要があります。

つまり、子どもたちは、お話を楽しみながら頭をフル回転させ、思考力をぐんぐん伸ばしているのです。

 

LINEで送る