突然の大泣きにママたじたじ…!梅雨時期に見落としがちな「ベビーサイン」3つ

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

新生児期の赤ちゃんが、突然激しく泣き出すことはよくあります。ミルクの時間でもないし、眠いわけでもなさそう……意味不明の泣きにママもイライラ。

でも、赤ちゃんが泣くのには何かしらの理由があります。まだおしゃべりできない赤ちゃんにとって、泣くことで“不快な気分”を訴えているのです。

これからのジメジメ蒸し暑い季節に気になるのは、暑さや湿度が原因による体の不快感ですよね。

そこで今回は、元保育園園長で保育サポート事業を行いながら、ベビーシッターとしても活躍中の筆者が、“新生児期の赤ちゃんが快適に過ごせる方法”をご紹介します。

 

■1:「手足が熱くないから大丈夫」はNG

赤ちゃんの手足を触ってみて”熱くないから大丈夫”というのは間違いなんです。

実は、赤ちゃんの手足の温度は、体の温度とは異なります。眠くなると手が温かくなりますが、体温が上がっているわけではなく、逆に手が冷たいからといって寒いわけでもないのです。

では、どうやって赤ちゃんが暑いのかを知るかというと、赤ちゃんの背中と服の間に手を入れて、「汗ばんでいないか」を確認することが必要なんです。

もしも汗ばんでいるようなら、着ているものを1枚脱がせてあげるか、室内の温度を少し下げてあげましょう。

赤ちゃんは、体温調節がまだ上手にできません。ママがしっかり判断してあげてくださいね。

 

LINEで送る