元AKB48川崎希&アレク夫妻も悩んでいた…「不妊の謎の原因」とは?

shutterstock_93379216
source:http://www.shutterstock.com/

現在、10組に1組の夫婦が悩んでいると言われる不妊問題。

元AKB48の“のんちゃん”こと川崎希さん&アレク夫妻が不妊治療を公表されていました。

WHOの報告によれば、不妊は、

・女性だけに原因がある・・・41%

・男性だけに原因がある・・・24%

・男女共に原因がある・・・24%

・原因不明・・・11%

というのが現状です。

一方、医師から「どちらにも問題がないので、タイミング療法でいきましょう」と言われても、一向に赤ちゃんが来ることがなく、ゴールの見えない戦いに苦しんでいる方もいらっしゃいます。

今日は、元看護師で妊活カウンセラーの筆者が、“不妊治療をされている方の心の中にどのような問題が潜んでいるのか”お話をしていきたいと思います。

 

あなたにとって、「親」とはどんな存在ですか?

shutterstock_271589081 (1)
source:http://www.shutterstock.com/

赤ちゃんを待ち望んでいるあなたは、いずれ親になり、家族を増やしていくことを願っていることと思います。そんなあなたにとって、あなたの親はどんな存在でしたか? 

とても優しく愛されて育った人。厳しく育った人。様々な家族の形があると思います。いずれにせよ、私たちは親からの影響を大きく受けているのです。

 

筆者のクライアントの中には、“長女”であるという方が9割近くいて、とても責任感が強く、幼少期より、自分が無意識のうちにお母さんのために“我慢すること”を覚えてきた人が、たくさんいます。

そんな方の多くは、実はどこかで“お母さんは大変だ”という思いがあるということがカウンセリングで出てきます。

自分がいざママになると、“大変になってしまう”ということをどこかで知っていて、表面では赤ちゃんが欲しいと思っていても、深い意識の中では「自分の時間が奪われてしまう」と必死に拒否をしている思考があるのです。

 

まずは背負っている義務感を「楽しみ」に変えてみて!

また、不妊治療をしている人ほど、妊娠しても手放しには喜べず、授かったその日から、「流産してはいけない」「私が守らなければ」など不安を抱え込みがちです。

しかし“不安をいっぱい抱えている”ことは、“ストレスを感じている状態”と一緒で、交感神経が優位になっており、筋肉は緊張し血管も収縮、身体は冷えてしまい状況を悪化させるだけです。

長年待ち望んでいたことで、いざ妊娠すると焦ってしまったりする人がいますが、背負っている義務感を“楽しみ”に変えてプラスのイメージにしてみると、状況は随分と変わってきます。

これ、実は子育ても一緒です。

必死に赤ちゃんを育てるママの多くが、どんどん自分を追いつめ、親としての責任というものが、いつの間にか義務という形で重たく感じてしまい、苦しんでしまっています。

 

LINEで送る