『おやすみロジャー』なら10分でおねんね!? 子どもを「上手に寝かしつける」3つのポイント

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

夜の寝かしつけ、「子どもがなかなか寝てくれない!」という悩みを持つパパやママは、たくさんいるのではないでしょうか。

“寝かしつけ”は、子育ての中でも、かなり手こずる大変なものの1つですよね。

そこで今回は、子どもの寝かしつけに役立つアイテムと、上手に寝かしつけるためのポイントを、自身も1児のパパである筆者の体験談も交えながら紹介します。

yamada03

 

■上半期の売上No.1の「たった10分の寝かしつけ絵本」が話題

bookImg
source:http://www.asukashinsha.jp/

“読むと子どもが眠る”と話題になっている『おやすみ、ロジャー 魔法のぐっすり絵本』が、上半期で62.6万部を売り上げ、「オリコン2016年上半期“本”ランキング」で首位に輝いたことが発表されました。

人気ママタレントの木下優樹菜さんをはじめ、様々なメディアでも“読むと子どもが眠る”と話題なんだとか。

これは“寝かしつけ”がいかに大変であるかということを示す結果でありますし、実際に子どもの寝かしつけに悪戦苦闘しているパパやママが、たくさんいるということでもあるでしょう。

本の内容は、きちんと心理学的効果を使った「眠気を引き出すポイント」があり、パパやママが、読みながら“あくび”をするシーンもあるなど、寝かしつけに役立つ絵本なんです。

そこで気になるのは、絵本を読む以外にも、何か上手に寝かしつけを行うコツはあるのでしょうか?

■上手な「寝かしつけ」3つのポイント

(1)「暗めの部屋」に連れて行く

部屋の“明るさ”はとても重要です。やはり、電気がこうこうとついている部屋にいては、眠気もなかなか襲ってきませんし、仮に襲ってきたとしても覚めてしまう可能性が高いのです。

テレビやスマホの液晶画面の明かりも、“視覚を刺激”してしまうので、寝る時間になったら薄暗い寝室などに、子どもと一緒に移動した方がいいでしょう。

暗い部屋に行くことで、子どもの“眠りのスイッチ”も入りやすいですよ。

 

LINEで送る