第5子誕生した“理想のイケダン”1位はつるの剛士!「子だくさん芸能人」の共通点とは?

source:http://www.shutterstock.com/
source:http://www.shutterstock.com/

イケてる旦那、“イケダン”という言葉をご存じでしたか?

今年の6月19日は、「父の日」ですが、同時に「イケダンの日」でもあるんです。

第5子が誕生し話題になった、タレントのつるの剛士さんは、“理想のイケダン”男性芸能人ランキングで1位になるほど、世間でも育児に積極的なイメージですよね。

source:http://www.weddingpark.net/

芸能界には、他にも、“理想のイケダン”4位につける谷原章介さん(6人)やケミストリーの堂珍嘉邦さん(5人)、レッド吉田さん(5人)などなど、“子だくさん芸能人”がいます。

“子だくさん芸能人”に共通することって、なにかあるのでしょうか? そして、子だくさんになるポイントは?

今日は、コミュニケーションライターの筆者が、「子だくさん芸能人の特徴と、子だくさん家庭になるポイント」についてお伝えします。

 

■〇〇が早い?「子だくさん芸能人の共通点」3つ

(1)朝が早い

以前、子だくさん芸能人の特徴として、テレビ番組で芸能リポーターの井上公造さんが、「僕ら芸能リポーターの間で、朝の番組(司会)をやるようになると、子だくさんになると言われてる」ということをおっしゃっていました。

“朝が早い”ということは、夜は比較的早く家に帰ってくることが多くなります。

そうなると、家族で過ごす時間が増え、必然的に夫婦仲も良くなる、というわけです。

夜早く寝て、朝早く起きるという健康的な生活を送れるというのも要因としてあるかもしれませんね。

 

(2)「B型」が多い

夫、もしくは妻が“B型”の有名人夫婦は、子だくさんのケースが多いという説もあります。

つるの剛士さんはB型、実子5人に夫の連れ子2人で計7人のお子さんがいる堀ちえみさんもB型、5人のお子さんがいる薬丸裕英さんもB型です。

元大阪市長で7人のお子さんがいる橋下徹さんもB型、谷原章介さんの場合は奥様がB型とのこと。

B型といえば、“おおらかでマイペース”が特徴としてよく挙げられますね。

ストレスをためにくい性格とも言えることができ、それが妊娠・出産・子育てにプラスの影響があるということかもしれません。

 

(3)料理や掃除好きなど「主夫力」が高い

子だくさん芸能人の男性は、“主夫力”が高いことも特徴として挙げられます。

谷原章介さんの料理の腕は、プロ並み。番組で、その華麗なる包丁さばきを目にされたことがある方は、多いのではないでしょうか?

薬丸裕英さんに関しては、掃除が大好きだそうです。

つるの剛士さんは、今回の5人目誕生でも育休をとり、育児にとても積極的に関わっているのがわかります。

 

LINEで送る