親が子どもに言いがち!「がんじがらめの子育て方針NGフレーズ」5選とマインドリセット法

shutterstock_344403533
soucre:http://www.shutterstock.com/

あなたの家庭の「これだけは!」という教育方針はなんですか?

それぞれの家庭には様々な考えがありますが、教育方針はそれまでの親の生き方や子どもの頃に親からされた子育てが大きく反映されます。

けれども、その考え方に縛られ、どこかで“生き辛い”と感じたことってありませんか?

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が、“子どもに受け継がれる親の思考癖とマインドリセットの考え方”についてお話します。

 

■親が子どもに言いがち!「がんじがらめの子育て方針フレーズ」5選

shutterstock_417254386
soucre:http://www.shutterstock.com/

(1)「人に迷惑をかけない」

「頼ることはよくないこと」と考えるようになります。

どんなに助けてもらいたくても、SOSを出さない癖がついてしまいます。

 

(2)「努力は必ず報われる」

こう教えられた子は、勉強したのに不合格になるなど頑張ったのに結果が出ない時、“まだまだ頑張りが足りなかった”と必要以上に自分を責めるようになります。

 

(3)「人に頼まれたら快く受ける」

いつもこういわれ続けた子は、たとえ嫌なことを頼まれても「自分さえ我慢すれば皆が平和になる」の“他者優先の癖”がついて「自己主張してはならない」と考えるようになります。

そうして、いつも我慢して自己犠牲を強いられて、どこかで苦しくなっています。

 

(4)「苦しくても笑顔を絶やさずに」

悔しくて泣いたり、怒ったりしたいとき、笑顔ばかりを作っていたら、心は悲鳴を上げてしまいます。

 

(5)「1番になることに価値がある」

このような教えの元に育てられた子は、1番でないと気が済まなくなり、「勝たないと価値がない」と思うようになります。

さらには将来、できない子、負ける子を見下すようになります。

 

LINEで送る