妊娠20週目ころ要注意。プレママが知っておきたい「切迫流産」が起こりやすい習慣と対処法

source:https://pixta.jp/

流産とは様々な考え方がありますが、一般的に人工的ではない原因によって、胎児が妊娠22週目未満までに失われてしまうようなことを言います。

原因には様々なものが挙げられますが、未だ原因不明であるようなものが多いものが現状です。

そんな中でも今回は、“切迫流産”にフォーカスしてお話させて頂きます。

川上先生

 

■流産は「2つの原因」に大別される

流産は大きく分けると2つ、“胎児に原因がある場合”と“母体に原因がある場合”とに分けることができます。

特に、妊娠12週目までに起こる流産は、全体の約85%にのぼり、染色体異常や先天奇形など「胎児側に原因が多い」と言われています。

残りの15%は妊娠13~21週目に流産が起こってしまうものを言いますが、こちらは「母体側に原因が多い」と言われています。

 

■「切迫流産」はまだ流産していないが…

今回お話させて頂く“切迫流産”は言葉を見てみると、一瞬“流産してしまった状態”と捉えてしまうことが多いのですが、流産してしまう可能性が高くなってしまっているという状態であり、流産はしておりません。

しかし、出血や子宮のけいれんなどがあるために、そのまま放置しておくと流産の可能性が高くなってしまいます。

特に、出血量が多い場合はそのまま流産してしまう可能性が高いと言われています。

“切迫流産”の兆候としては、前述したように出血や下腹部痛があります。特に妊娠初期の場合は、まだ妊娠継続に対して安定していないために、不正出血がみられる場合があります。

しかし「いつもの不正出血、出血も少ないから大丈夫!」と考えてはいけません。不正出血があるということは、子宮に何かしらの状態が引き起こされてしまっているということ。

さらに下腹部痛(鈍痛など)も強く出てしまっている場合には、流産してしまう可能性が高くなってしまいます。

少しの出血でも遠慮することはありません。必ず、かかりつけの産婦人科へ相談するようにして下さい。

 

LINEで送る