能力別クラス編成ってどうなの?「ハイスペックすぎるグループ」に入れることの悪影響

source:https://pixta.jp/

“朱に交われば赤くなる”という諺がある通り、朱色が混ざれば赤味を帯びるように、人は付き合う人の良し悪しによって善悪どちらにも感化されます。

そうであれば、わが子にもできるだけ良い子や優秀な友達と過ごさせたいと思うのは親心だと思いますが、そうとも限らないのです。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“能力が高すぎるグループに入れることの悪影響”についてお話します。

 

■ママ友付き合いでの「価値観」は大切です

家庭で綺麗な言葉を使うようにしつけをしていても、汚い言葉を使う友達とばかり遊んでいると影響を受けるのが子どもです。

“バカ、ウザい、キモい、死ね、消えろ”など、耳を覆いたくなる言葉を真似して使うようになることもあります。

そうなると、家に招き入れて行き来するママ友は、自分と教育方針やしつけの価値観が似ている人を選ぶということも、大切になってきます。

親同士が親密になればなるほど、子どもと一緒にいる時間が長くなり影響を受けるからです。ただし、家庭で土台を作ってさえいれば一時、感化されることがあっても同化することはありませんので心配しすぎることもないのです。

 

■「能力別クラス編成」はイイのワルイの?

source:https://pixta.jp/

では、学習の面ではどうでしょう?

周りがみんな文字の読み書きが出来て、自分一人だけ名前の読み書きさえ出来なかったらコンプレックスを感じてしまいます。

小学校によっては、公立でも算数などの主要科目を能力別クラス編成にして、本来あるクラスを解体し、少人数クラス制を取っているところもあります。

これは高学力の子にとって、学力が低い子に合わせられて授業が進められると飽きてしまい、能力の向上が望めない面があること。

また、低学力の子にとって歯が立たない課題を与えられて、学習意欲が削がれるのを防ぐためです。

元々1組、2組のクラスであっても、算数は成績により“上・中・下”の3クラスに分けて、それぞれの能力に応じた内容にしていくことにより、学力を付ける方法です。

進学塾でもこの体制をとっているところも多く、更にマンツーマンでその子の力に応じた指導をウリにしているところもありますよね。

 

LINEで送る