2016年は猛暑かも!? 夏先取り「都内の大人気じゃぶじゃぶ池」7選&マストアイテム

207291985
source:http://www.shutterstock.com/

今年の夏は、ラニーニャ現象次第では猛暑になるという予測もありますが、そんなの子どもたちは、お構いなし! やはり外で遊びたがります。どこに行こうか悩むのは親の役目ですよね……。

しかし、外は“熱中症”も怖いし、プールは毎日なんていけません。そんなママにオススメなのが、やはり“じゃぶじゃぶ池”! 

筆者の娘は、1歳の夏に見学と、少し体験程度に行き、、2歳の夏に本格的に“じゃぶじゃぶ池”デビューしました。今では、遊び始めたら終わらない覚悟で付き合っています。(笑) 

そんな、“じゃぶじゃぶ池”を楽しむ方法と、都内のオススメスポットを紹介します。

 

■「池」だけではない!様々な種類がある「じゃぶじゃぶ池」

cosmo5
source:http://www.shutterstock.com/

名前の通り、「じゃぶじゃぶ遊ぶ池」で、よちよち歩きから、小学校低学年くらいまでのお子様が楽しめる、水遊びの場のことを言います。

深さは、幼児のひざ下程度(30cm未満)が多く、区の行政が管理している公園内や、テーマパークにあります。

“じゃぶじゃぶ池”と呼ばれますが、池のようなところばかりではなく、川が流れているようなタイプや、プールや滑り台(スライダー)があるところもあります。さらに、噴水や、小さな滝、霧というように、“池”ではないけれど、様々な種類の“じゃぶじゃぶ池”があるんです。 

中には、“プール監視指導員”のように見守っていてくれる人がついているところもあり、規模も様々です。7月中旬からの開放多いですが、利用期間は施設によって異なっているため、事前にホームページなどで確認することをオススメします。

 

■知っておきたい!「じゃぶじゃぶ池」で遊ぶと良いこと&注意点

“じゃぶじゃぶ池”は、プールや海よりも気楽に行けて、“家の庭のプール遊び”よりも大胆に遊ぶことができるのが良いですよね!

また、狭い施設ではなく、自然があふれる広い場所で子どもたちが遊べるので、視覚や聴覚、触覚……など、いろんな感性がのびのびと育ってくれそうです。

しかし、安全面の配慮より、おもちゃや水遊びグッズ、浮き輪などを“禁止・制限”しているところが多いです。

また、おむつが外れた幼児が対象のところや、水遊び用おむつの利用をしてもよいところなど、“おむつ”に関してもルールが様々なので、ママは事前に確認してから行くといいでしょう。

着替えるところなどはなく、パンツ一丁で遊んでいる子も多っかったりと、“じゃぶじゃぶ池”によって注意点や様子が異なります。

遠くから行く際は、下調べをしておくと、より楽しく遊べます。

 

LINEで送る