お尻のお肉がつきやすくなる“でっちり”の原因に!体型崩すNGな「抱っこ紐の使い方」と5つのコツ

pixta_21560582_S
source:https://pixta.jp/

先月、理想のおしどり夫婦として評判の、菅野美穂さんと堺雅人さんが、子どもとの微笑ましいスリーショットで話題になりましたね。

特に、“抱っこ紐”でわが子を抱える堺雅人さんの、イクメンとしての嘘偽りない姿で、その演技力はもとより今回の話題によって、より一層評判を高めたようです。

 

ところで、抱っこ紐は赤ちゃんと密着できるだけでなく、両手が空くので家事に忙しいママにとってとても便利ですよね。

ママならば1つは持っていると言ってもいい“マストアイテム”なのではないでしょうか? 

肩や腰へのサポート、赤ちゃんの姿勢保持に配慮されているので、ほとんど毎日使うという方も多いと思います。

デザインも豊富で、海外のセレブやママタレントの影響もあり、最近ではファッションの要素としても強い印象を受けますが、皆さん抱っこ紐を正しく使いこなしていますか?

今日は看護師でウォーキング講師の筆者が、使い方を間違えるとボディバランスを崩す原因にもなる、“抱っこ紐のNG使用例と正しい使い方”をご紹介します。

 

■抱っこ紐の「正しい位置」知ってる? 

みなさん、抱っこ紐の正しいベルト位置をご存じでしょうか?

抱っこ紐
Illust by It Mama

ウエストあたりがしっくりしやすいので、そこに腰ベルトを当てる方が多いですが、お腹を触った時のでっぱっている腰骨(赤枠)のところが正しい位置です。

いつも装着しているベルトの位置はこの位置になっているか改めて確認してみましょう。

 

■間違った「抱っこ紐」の使い方と体への影響

お子さんが、ただぶら下がっているような状態は、身体からお子さんが離れてしまい安定しないので、お子さんにとっては不安定感を与えます。

ママも疲れるだけで、腰や肩への負担がかなりあります。

下の写真のようにママの下腹部に腰ベルトをしっかりと密着させましょう。

pixta_22156121_S
source:https://pixta.jp/

赤ちゃんの位置が下にあり、紐が緩くて前傾姿勢になっていると腰や肩に赤ちゃんの体重プラス重力がかかります。

産後骨盤が十分しまらず、緩みがちなままでこのような使い方をしているとお尻にお肉がつきやすくなり「でっちり」の原因になってしまいます。

また腰ベルトの位置がズレていたり脇や肩のストラップが緩いと心地よく抱けず、赤ちゃんにとっても安定せず安心できません。

赤ちゃんと身体が密着することで赤ちゃんも垂直に座っている姿勢が保て、ママも腰や肩への負荷が軽減します。

 

LINEで送る