お受験の大事な心得!将来に関わる「第一印象」はたった7秒で判断される

little cute boy in bowtie smiling, making funny faces
source:https://pixta.jp/

 “人は見た目が9割”って言葉、よく耳にしませんか?ズバリ!外見が大事だということ。でも、実は外見とは顔の美醜や造りではありません。

パーツが良くても不愛想、無表情の人は好感を持たれることはないんです。

世の男性も美人だけれども笑顔がなく不愛想な女性と、外見はそうでもないけれど表情豊かで笑顔が素敵な女性とでは後者がモテます。見た目とは表情、服装などの身だしなみを含んだものを指します。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が“面接で好感度を上げるには”についてお話します。

 

■第一印象の決め手は6割が「見た目」、しかもたった7秒!?

“メラビアンの法則”という言葉があります。人の第一印象がどこで決まるか割合を数字で示したものです。

・話の内容・・・ 7%

・声のトーンなどの話し方・・・38%

・見た目(表情)・・・55%

 

人間の脳は、パッと見の第一印象で「この人、感じがいいから好き」、「何だか感じが悪いから嫌い」と判断してしまうそうです。

それもたった“7秒”で!

距離としては3メートル程でその判断ができるそうで、マジマジと顔を覗きこまれて判断されるわけではないんですね。

しかも、一度、持たれてしまった悪い印象は、なかなか覆されないようです。

そして、どんなに話の中味が素晴らしくても、印象が悪い相手からは誰も話を聞こうとはしないのです。

 

LINEで送る