クラスで成績1位の子と何が違う?「先生に好かれやすい子」の親の特徴3つ

group of school kids writing test in classroom
source:https://pixta.jp/

どんなに頑張っても、学校の先生に好かれないと成績が上がらないのでしょうか?

先生の目に映る“よくできる子”とはどんな子でしょうか?

先生たちが子どもたちを見る視点は“学力”(試験の結果)だけではありません。

教えた知識・技能に対する“興味・関心”や“自身を成長させる意欲・行動”も重要な要素です。“どんな風に学んでいるか”が見られているのです。

今日は現役塾講師の筆者が、“先生に好かれやすい子の親の特徴”についてお伝えします。今から小学校に向けて準備をしてみてください。

 

■現役塾講師が教える!「先生はこんな子ども」を高く評価する

塾で子どもたちを教えていると保護者の方々から「テストの得点はそこまで悪くないのに、通知表の成績がひどい」という悩みが多く寄せられます。

そんな子の多くは、学校や塾での取り組みに対して「親に言われたから」「やらないとうるさいから」といった“やらされ感”で取り組んでいることが多いもの。

学校でも同じように、主体的が欠けていたり、自身を成長させるための行動をとっていなかったりすることが多いです。

学校の先生は、子どもたちの“学びに対する姿勢”を見て、評価しています。

筆記試験だけでなく総合的な成績を高めるには、向上心をもって積極的に学びとろうとする姿勢が重要です。

 

LINEで送る