「子の夜泣き パパはイビキで ハモるだけ」~起きないパパ編~【ダメパパ川柳連載 第1回】

Photo by It Mama

“イクメン”という言葉が浸透してきて、育児に積極的なパパが増えてきていますが、ママからは「それくらいでイクメンを気取らないでほしいわ!」なんて心の叫びが聞こえてきそうです。

パパの行動は、ママにとってはまだまだ足りない部分や腹が立ってしまう部分も多いでしょう。

そういったパパのちょっとダメな部分を、自身も1児のパパである筆者の体験談も交えながら川柳で紹介する、山田周平の連載『ダメパパ川柳』がスタートします! 

「あるある」と感じてもらって、パパの育児を後押ししたり、改善できたりしたら“ダメパパ”が“本当のイクメン”になる日もやってくるはず……!

yamada03

 

第1回目の「ダメパパ川柳」は……

Illust by It Mama

 

■夜泣きでも起きないパパがママの怒りで「朝泣き」!?

Illust by It Mama

子どもが夜泣きをしていても、起きないパパって多いのでは? 実は僕も全く気づかずに起きられなかったことが何度もあります、ハイ……。

これって、ママからすると相当腹が立つものでしょう。

自分は毎晩毎晩、眠い目をこすりながらも夜中に起きているのに、隣でパパは大イビキをかいて爆睡している。夜泣きとイビキが奏でるハーモニーなんて、深夜に一番聴かされたくないものです。

 

「あんなに泣いてるのによく寝ていられるよね。しかもイビキうるさいし!」

 

実際、僕は翌朝起きたら、怖い顔をした妻にこう激怒されたこともあります。あまりの怖さに、僕も泣きそうになりました。

夜泣きではなく、“朝泣き”しそうになりましたよ……。

でも、そりゃ怒りたくもなりますよね。ママは毎日、家事と育児で疲労困憊な上、毎晩のように深夜に夜泣きで起こされ、睡眠不足で心身共にヘトヘトの状態。なのに、横で旦那は一切起きることもなく、イビキで夜泣きにハモりまくり。

「気持ち良さそうにハモりやがって。ゴスペラーズ気取りかよ!」なんて思ってしまうのも無理はありません。

しかも、たいてい当の本人は、そんなことが起こっていることにすら気づいていないのが常……。

こんな状態が続いてしまったら、夫婦の間に溝だって生じてしまいかねません。

 

LINEで送る