週60時間は働き過ぎ!仕事熱心パパが「家事・育児にも大活躍」する3つの意識改革

source:http://www.shutterstock.com/

育児をしているママとしては、パパにもっと“主体的”に育児や、家事などに取り組んでもらいたいですよね。

先日、公表された『男女共同参画白書(概要版)平成28年版』の“長時間労働の動向”によると、週間就業時間が60時間を超える長時間労働者の割合は、“子育て期と重なる30~40代の男性”で、最も高い水準になっています。

この働き方では、“仕事と家庭生活との両立は困難”であり、男性自身の家庭生活への参画と、女性の就業に影響を与えているとのこと。

では、そんなパパの意識を家庭や育児に向けるには、何ができるのでしょうか?

 

■帰れないのは誰のせい?パパが「早く帰れない原因」2つ

source:http://www.shutterstock.com/

(1)「帰りたくても帰れない!」職場環境の問題

長時間労働で帰れないのは、パパの“職場環境”に原因があるかもしれません。

近年、残業時間を減らすような取り組みが広がってきていますが、人手不足の企業もあり、少ない社員で多くの仕事をこなすしかない会社もあります。

また、まだまだ無駄な作業や会議を繰り返している企業も多く、非効率な仕事に拘束されてしまい、「帰りたくても帰れない!」というパパも多いのではないでしょうか。

 

(2)「仕方がない」と考えてしまう、パパの意識の問題

その一方で、“パパ自身の意識の問題”もあります。

仕事が多いとはいえ、うまく仕事をさばいたり、メリハリをつけて早く帰れる日もあるのではないでしょうか?

本当に忙しすぎて、毎日終電まで働いている人もいるかもしれませんが、中には、そもそも育児や家事は、女性の仕事と考えていたり、自分は仕事をしている分、そんなにやらなくてもよい……という意識のパパもいます。

日本総研の「男性管理職のアンケート意識調査(1) ~定時以降の労働を許容する男性管理職~」によると、自身の昇進のためには、定時以降に上司から依頼された仕事を行うことや、会議に出席することを“仕方がない”と感じていると回答した男性管理職は、全体の約6割になります。

この意識が変わらない限り、忙しく働く男性は、早く帰る努力をしないかもしれませんね。

 

LINEで送る