あれはダメ、これはダメ!しつけの「禁止事項」を一個でも少なくしたい理由

shutterstock_183191249
source:http://www.shutterstock.com/

 

子育てしていく上でのしつけ。「あれしちゃダメ、これしちゃダメ」と沢山の禁止事項がありますよね。時には必要ですが、自分の理想のしつけをするために、沢山のNGワードを言えば言うほどママ自身の心も余裕がなくなりギスギスしてしまいますよ。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子があれがダメ、これがダメは一つでも少ない方がいい理由についてお話します。

 

■「食事の作法で言いがちなママの小言」10選

shutterstock_209488135
source:http://www.shutterstock.com/

食事の作法一つとってもこれだけあります

(1)好き嫌いしないで食べなさい

(2)残さず食べなさい

(3)零さないで食べなさい

(4)ペチャペチャ音を立てないで食べなさい

(5)口をお皿に近づけちゃダメ

(6)手づかみはしない

(7)お箸を正しく持って

(8)肘をつかないで

(9)食事中席を立たないの

(10)遊びながら食べないで

これだけ多くのことを一度に教えるのは無理な話です。

でも、1つか2つだったら何とかなりそうですよね。

例えば「今日は手で食べないでスプーンとフォークを使おうね」だったら出来そうですよね。そんな時は多少好き嫌いしても、残してもそこは許してやりましょう。一度に沢山の課題を要求するのは止めましょう。

禁止事項が多くなればなるほど、食事中のママの小言に嫌気がさして食事時間が楽しくなくなってしまいます。叱られてばかりいたらまずく感じて食欲も失せてしまいますよ。


tekito-2.1-15
 (C)あべゆみこ

LINEで送る