子どもの死、3割は防げた?問われる「親の監督責任」と事故を起こさないための心得

shutterstock_60119494
source:http://www.shutterstock.com/

最近、親の目の行き届いていない間の子どもの事故に関する話題をよく目にします。つい最近では、マンションの出窓から母が添い寝中に1歳児がマンションの6階から転落死したという悲しい事故がありました。 

日本小児科学会の調査によれば、15歳未満の子どもの死亡の約3割が事故や虐待など、防げた可能性のある死亡だったと言われています。

ママも家事や仕事とライフスタイルも変わり、忙しくて子どもを常に見ておくことも難しい状況かもしれませんが、できるだけこのような不幸な事故がおきないように予防しておくことはできます。

筆者の経験と男の子と女の子の違いから、対応策についてご紹介します。

 

■子どもの行動は予測できない

まず大前提として、子どもが小さいほど、行動の予測はできないと考えておくべきでしょう。筆者も子どものころ、「なんでそんなことをするの?」というような行動をとったことがあります。

筆者が6歳のころですが、ベランダから外が見たいと思ったのですが、外を見るには塀が高かったため、何かに乗って外を見ようとしました。

そのときに乗ったものが、なんと、ビール瓶!

今考えるとなんでそんなところに乗ったのかわかりませんが、案の定、ビール瓶は割れて、足の裏を切って、数針を縫う大けがになりました。

特に幼児期は、「高いところから飛び降りたらけがをする」というような自分の行動に対して結果を想像できない年齢なので、注意をしすぎてもしすぎることはないですね。

 

■男の子は危険を好む!?

また、 レナード・サックスの著書『男の子の脳、女の子の脳』にある実験データによれば、男の子の方が危ないとわかっていても、ワクワクするようなスリルを味わいたいがために危ないことをするようです。

特に男の子だけで遊んでいるときは、「危ないことにチャレンジした奴がすごい」と周囲から思われるため、調査でも親が近くにいない男の子だけの遊びはケガが多くなるということがわかっていますので、男の子の特性も理解しておくことは重要です。

 

 

LINEで送る