どっちが危険?園に任せっきりの「丸投げママ」、園の方針変えたがる「介入ママ」

source:http://www.shutterstock.com/

親には、実にいろんなタイプの人がいます。

子どものしつけを“幼稚園や保育園に丸投げの人”、“園の方針に介入してくる人”など様々です。

そこで今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子がお話します。

 

■預けておけば何とかなると思ってない?「丸投げママ」の特徴とは

丸投げママとは、何から何まで園にお任せで「保育士は子育てのプロなんだから、私なんかが手を出すよりもずっといいわ」と考え、「先生にお任せします」と言って自分ではやろうとしない人、預けておけば何とかなる、と思ってしまっているママです。

例えば、下記のような項目が当てはまる人は要注意です。

・オムツはずしは園でやってもらうもの。

・離乳食の訓練は園にお任せ、家ではミルクだけ与えている。

・持ち物に名前を書くのを園にお願いしている。

・ロッカーに置いておく予備の着替え。園側から「そろそろ暑くなってきたので、半袖を持たせてください」と言われるまで気が付かない。

・園からの様々なお知らせのプリント類が、子どものカバンに入ったままで「提出物を出してください」と催促されて初めて気が付く。そして、皺くちゃになったプリントが通園カバンの底から出てくる。

・子どもが熱があるのに「会議を休めないから」と子どもを園に置いていく。

 

子育ての主体はあくまでも家庭です。自動販売機のように、預けておけばなんとかしてくれると思うのはよくありませんよ。

 

LINEで送る