海外ママに大人気!今しか撮れない「神秘的なニューボーンフォト」って知ってる?

13334669_1076308159081843_1464196439_o
photo by ママフォト日和maki

ニューボーンフォトという言葉はご存じでしょうか? 産まれて間もない頃、だいたい生後2週間頃までに撮る写真を言います。

日本では、生後1ヶ月のお宮参り写真を写真館に撮りに行くのは一般的ですが、それよりも前のニューボーンフォトはまだ一般化していないかと思います。

実は筆者も産後は育児に追われて、写真を撮れませんでした。もちろんスマホではたくさん撮っていましたが、プロのカメラマンにこの世に生まれてきたばかりの初々しいわが子の姿を写真に収めてもらえたら良かったなと少し後悔してます。

そこで今日はこれからママになる方、第2子出産を考えられている方へ、ニューボーンフォトについてお話します。

 

■産まれたてホヤホヤの赤ちゃんの姿は一瞬!

産まれて数日は赤ちゃんの体重は少し減るのが一般的。

ですが生後2週間ほどすると赤ちゃんの体重は産まれた時の体重に戻り、毎日どんどん大きくなります。

筆者の娘は1日平均30gほど増え、1ヶ月健診では1kg増えていましたよ。

産まれたてホヤホヤの時期、赤ちゃんの皮膚がシワシワになった姿は本当に一瞬でした。シワシワで肌がポロポロむけたような感じ……当時は「これちゃんと綺麗になるのかな?」と心配していましたが、今となっては恋しくもあります。

もちろん今も可愛いですが、産まれたての赤ちゃんは本当に神秘を感じますね。

 

■ニューボーンフォトは妊娠中から計画を!

産まれた後は夜泣き、24時間の授乳や抱っこでママは精一杯です。

ですので、ニューボーンフォトをきちんとカメラマンにお願いして撮ってもらう場合は妊娠中から計画しておいた方がベスト!

筆者のアーユルヴェーダサロンでも、産後の出張トリートメントとニューボーンフォトがセットになったサービスを提供しているのですが、産後1週間くらいのママから依頼があって撮影した写真がこちら。

13321146_1076308385748487_1411422665_o
photo by ママフォト日和maki
13340417_1076308379081821_201652010_o
photo by ママフォト日和maki

ずっと見ていたいほど可愛い写真でしょ?

このベビーのママは、「この2枚目の写真、妊娠中のエコー写真でも同じような体勢で映っていたんですよ!」と教えてくださいました。

産まれて間もない赤ちゃんはお腹にいた時と同じような体勢でいることが多いとは聞いていましたが、本当に神秘的ですよね。

 

 

LINEで送る