いつメッセージ途切れるの…?「泥沼ママ友グループチャット」を楽しむための3つのコツ

source:http://www.shutterstock.com
source:http://www.shutterstock.com

近年、『LINE』などのメッセージアプリの普及から、オンラインコミュニケーションが活発化しています。

とても便利な世の中になったのですが、ママ友間の“終わりが見えない”メッセージの応酬に、頭を抱えるママが増えている、という話も多くなっています。

今回は、コミュニケーションライターの筆者が、“現代版・井戸端会議”とも言えるグループチャットで、“ママ友と上手に付き合う方法”についてお伝えします。

 

■無理せず「自分の参加できる会話」を楽しむこと

source:http://www.shutterstock.com
source:http://www.shutterstock.com

ママ友たちが会話を繰り広げていると、「自分もなにかコメントしたほうがいいのかしら……」と思って、悩むときありませんか?

けれど、悩まなくても大丈夫! 個人的に質問をされたり、意見を求められていなければ、無理にコメントをしたり、会話に入る必要ありません。

普段の会話と同じで、コメントをするなら、「そうなんだ~」「すごいね~」「困ったね~」など、あいづち程度のものでいいんです。

実際はみんな、他人の意見を求めているわけではなく、「ただ話したい、愚痴りたい」そんな会話が多いですよね。

無理が重なるとストレスになり、ママ友たちとの関係が苦痛になってきます。

無理のない範囲で会話に加わるようにしましょう。

 

■トラブル発言は避けたい!3つの「ない」を意識すること

グループチャットで、ママ友間のトラブルを生まないために、以下の3つに気をつけてコミュニケーションしましょう。

(1)文字として記録に残る悪口や噂話は「しない・入らない」

悪口や噂話は、人間関係でトラブルを生む、最大の原因です。自分たちのグループだけの話のつもりでも、どこから漏れるかわかりません。

加えて、言葉だけのコミュニケーションと違い、“文字”として記録に残ります。

自分からは「噂話はしない」ことはもちろん、グループチャットで誰かの悪口や噂話が始まっても、極力「入らない」ようにしましょう。

 

LINEで送る