偏食だって、成長が遅くたってイイじゃない!? 子育てに疲れ切っているあなたへ

shutterstock_190648280
source:http://www.shutterstock.com/

栄養バランスのとれた夕飯を用意。けれども、せっかく作った食事を残し好き嫌いをする。1日の日課の絵本の読み聞かせも、途中でページをパラパラとめくられ全くストーリーに集中してくれない……。

そんな、自分の思い通りに行かない子育てに疲れ切っているあなた。そんなに無理をしなくたっていいんですよ。

今日は、『1人でできる子が育つ テキトー母さんのすすめ』の著者の立石美津子が頑張りすぎないで子育てについてお話します。

  

■偏食の子を持つ母親の悩み

shutterstock_177941474
source:http://www.shutterstock.com/

少食のわが子、しかも偏食で好き嫌いが多い、手を変え品を変え工夫して手間暇かけで作ったキャラ弁も残してきます。

肉類を食べてくれないので、不足がちな蛋白質を補おうと豆腐や納豆を使った料理をそれなりに努力して作っていました。栄養相談に行くと、栄養士から“タンパク質は大豆や納豆などの植物性たんぱくだけでなく肉や卵や乳などの動物性たんぱくも与えないとダメです”と言われてしまいました。

更にトマトしか食べないことを伝えると“野菜は白菜、キャベツなどの淡色野菜だけではなく、人参、ほうれん草などの緑黄色野菜も食べさせてください”とアドバイスされてしまいました。

どれもこれも正論です。そして“まだ母親としての努力が足りない。頑張りなさい”と言われているようで苦しいです。

 

 

LINEで送る