意外と遅いかも…!? 赤ちゃんが「鏡に映る自分」を認識する年齢、知ってる?

shutterstock_115603189
source:http://www.shutterstock.com/

赤ちゃんの行動って不思議ですよね。喋れない赤ちゃんは何を考えているのか、感じているのか、毎日一緒にいるけど謎だらけ。最近筆者が特に気になるのが、「赤ちゃんって鏡が好きだけど、そもそも鏡に映っているものが自分だと分かっているのか?」ということ。

色々調べてみたところ、ある研究結果からおもしろい事実が判りました。

そこで今日は、この赤ちゃんの鏡の動作を例に、自分自身を認識する発達過程についてお伝えします。

 

■赤ちゃんが自分の身体を認識する過程

赤ちゃんは自分の存在をどうやって理解していくのか? 出産した時からとても気になっていたことです。筆者がヨガをしていることも関係しているのですが、人はいつから自分自身とそしてその他の周囲の世界を区別し始めるのか? 赤ちゃんの成長を見ていると何となくわかってきました。

筆者がとても気に入っているわが子の写真がこちら。

凛咲グーパー
photo by author

自分の手をグーパーしながら必死にそれを確認するように見ています。

ヨガのクラスでよく「自分の身体だけに意識を向けて、それ以外のことをあまり考えないようにしましょう」とお伝えしています。

私たち大人の場合、「昨日の旦那の言い方は本当に許せない、だいたいいつも…….」「ああ、今日のご飯はどうしよう、冷蔵庫に何があったかしら」と、常に頭の中は過去や未来のことでいっぱいで、今この瞬間の自分だけに意識を向けることってとても難しいんですよね。

でもこの写真のように赤ちゃんって、今動いている手だけに全神経を集中しています。

実は、生後三ヶ月頃に見られるこのこの現象は“ハンドリガード”といって、“自分の身体を発見する”という重要な役割も持っているらしいんです。

 

■「鏡に映った自分」を見た赤ちゃんにみられる反応

shutterstock_88094
source:http://www.shutterstock.com/

鏡に映った自分を見た赤ちゃんの多くは何かしら反応を見せると思います。筆者の娘や周りのママ友の赤ちゃん達を見て共通する仕草をまとめてみました。

・笑う

・手を伸ばす

・自分の手をグーパー動かして凝視している

・不思議そうに自分を見る

・自分よりもママの顔を見る

と、こんな仕草しますよね。

赤ちゃんが鏡に映る自分をどう思っているのか気になりませんか? いつから「映ったものは自分だ」と認識するのでしょうか。

 

LINEで送る